2018年07月17日

馬主政治力馬券塾の競馬サイト運営について

元々、裏ブログ的な位置づけであったこのブログですが


本日より更に裏ブログ的な感じにするために運営の裏側を書いていこうと思いました


●競馬サイトのサービスの質について


2018年で競馬サイト運営も2006年の秋から始まり13年目を迎えます
思えば最初は月額3000円からのスタートでした


2006年当時はまだ個人運営の競馬サイトの数が少なく、
元調教師、元騎手を広告等にした悪徳サイトと比較しては真新しい存在でした


それが功を奏して3000円でも1か月以内で会員様が集まってくれました


今、思えばランキングくらいでしか宣伝してなかったのに
よく集まったのと


そこからポイント制度にし、月額制覇6000円9000円と
周りの価格、つまり相場には合わせてきました


現在は20000円〜24000円で運営してる訳ですが、


この価格が高いか安いかを決めるのはお客様であり
売りて側にとってはもちろん設定は自由です


ましてや物販ではなく"情報商材"と言うモノなので
0円でもよければ100万円でも言い訳です


注意しなければ行けないのは、
サービスの質でお客様が何を求めてるかを察知する事


これはネットビジネスに関わらず、
リアルビジネスでも言える事で


お客様が欲してる事に対して提供する
需要と供給ですね


私共が考えてるのは
まず1番にウソがなく誠実な運営です


競馬サイト業界は、
胡散臭く、ウソ偽りは当たり前な所が昔から根強くあります


結果のねつ造、元関係者を広告等にする
全く規制がなく、完全に利用者の自己判断に任されてます


現代社会においてこんなビジネス珍しいですよね


なので、まずは誠実運営です


次に1番お客様が求めてるであろう事だと、選んだのが
"何より勝つ事儲かる事"


お金を払って利用しているので勝たない事には意味がありません


それに対して拘ってるのが、各コンテンツが儲かる条件かどうか?
これは競馬を知ってる人にしか解らないでしょうが、的中率と回収率です


的中率はその名の通り、提供してるレースの買い目がどれほどの確率で当たるかと言う事
回収率はその買い目を1点100円で購入した場合、
購入金額を回収金額がどれほど上回るかを表す数字です


お客様は単純に競馬サイトを比較する際には
この数字を目安にしてるかと思います


つまりこの2つの的中率、回収率が年間通して安定している所が
勝てる競馬サイトだと言う事です


ここでお客様目線に立つと
私も競馬サイト運営を始める前は競馬情報サイトを利用する1人の競馬ファンでした
(その後はスポーツ新聞の競馬部の内勤に入社)


間は省きますが、、
利用する目的は「競馬で勝ち続けたい」そこにありました


「競馬で勝ち続けたいですか?」に対して


ほとんどの競馬ファンは素直に「ハイ!」だと思います


ユーザーの利用目的、これを運営側がはき違えてると
競馬サイトビジネスは成り立ちません


ここまでをおさらいすると
・誠実な運営
・何より勝つ事儲ける事


次にこの13年運営を続けて気づいたのは、
・より簡単にシンプルに利用出来る事


競馬、馬券と言うのは様々なアプローチがあり
儲かると言うのを追求していくのですが、


投資競馬と言う観点で売り出してる以上
「素人でも出来る」


色々難しい予想方法やマニュアル、競馬ソフト
などあるんですが、、


誰でも出来る再現性と言うのが重要です


土日にこちらのメールに沿って行動するだけで
儲けが出るのですから簡単な事に越した事はありません


・誠実な運営
・何より勝つ事儲ける事
・より簡単にシンプルに利用出来る事


この3つに私が付け加えたのがサポート業務とユーザーとの信頼性です


長くなってきましたので、、
続きはまた明日以降に書かせて頂きます


最後までお読みいただきありがとうございました







posted by レーシングマネージャー石崎 at 06:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする